日時
2017年12月19日(火) 14:00–
場所
大阪大学サイバーメディアセンター 7F 会議室
題目
計量の選択に依存しない自由エネルギーの構築方法
発表者
中村 壮伸 氏 (産業技術総合研究所 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター)
要旨

分子の構造変化などに代表される時間的にゆらぐ変数の熱力学的性質はその変数を引数とする自由エネルギーで表現する事ができる。ところが自由エネルギーを定常分布を通じて定義する場合、計量の選択に関する任意性の問題があることが知られている。そのため反応率やエネルギーバリアなどのような実験的に観測可能な量を説明できる保証がない。本発表では構造変化などのような反応を適切に定量化するため、簡単な例題に基づく発見法的理解に基づいて計量の選択に依存しない自由エネルギーの定義を提案する。